慰謝料ってどのくらい?

不倫や浮気の慰謝料というのはよく耳にする話題ですが、この慰謝料がどのように算出されているか不思議に思うのではないでしょうか。実はこうした慰謝料には明確な金額の基準というものが定められていません。それで主に過去の裁判の判例などから判断されることになります。不倫で離婚になった場合の慰謝料としては200万円~300万円ほどですし、離婚にならないのであれば金額は一気に半額以下の50万円~100万円くらいになります。もちろんこうした数字もあくまで参考であり、実際にどのような結果になるかはケースバイケースと言えます。

慰謝料もちろん裁判までもつれることなく、示談で解決になるケースも多いので、必ずしもこうした相場が適用されるわけではありません。慰謝料の金額の増減に影響する要素としては、配偶者との年齢差や結婚期間がどのくらいだったか、不倫が発覚する前の夫婦仲の状態、また自分の側にも落ち度や責任と思える部分があるかなどが関係してきます。ほかにも色々な要素が絡み合って不倫の慰謝料が決められていきます。こうした話し合いを自分だけでしていくのはかなり大変で、感情的にもなりますし、精神的にも辛いものとなります。それで第三者である弁護士に間に入ってもらうほうが速やかに解決に向かうことが多いです。

慰謝料は誰に請求する?

浮気の慰謝料で何億円なんて話を海外のセレブやスターの話で聞くことがありますが、もちろん普通の一般人同士の不倫で慰謝料がそこまで高額になることはまずないでしょう。自分が不倫の被害にあった場合に、どのくらい慰謝料を請求することができるものなのか気になるところでしょう。

不倫まず慰謝料というものは「精神的な苦痛」に対して支払われる金銭です。結果的に離婚になるのであればそれだけ生活に与える影響やメンタルに与える影響も大きくなります。それで離婚になる場合は慰謝料の額も大きくなります。一方離婚はしないものの慰謝料は配偶者からもらいたいという場合は、離婚する場合と比べて半額くらいしか請求できないことが多いようです。

ちなみに不倫による離婚の際の慰謝料と財産分与は別々に考えなくてはならないものです。慰謝料をあげたんだから財産分与はしないなどのへりくつを言われてもそれを鵜呑みにしないように気をつけましょう。また不倫の慰謝料を請求する相手も、不倫した配偶者だけでなく、その不倫相手にも請求することができるパターンが多いです。なかには自分の配偶者には慰謝料請求しないものの、不倫相手だけに慰謝料を請求する人もいるようです。

不倫の慰謝料請求

昨今なにかと騒がれることが多い不倫問題ですが、芸能人の不倫は叩かれるものの、一般的には不倫率というものが高まっているという声もあります。しかも女性の不倫が男性以上に多いという調査結果もあるくらいです。メディアや芸能人の影響など様々な要素が考えられますが、SNSの普及など情報交換や出会いの場が圧倒的に増えたことが不倫の広がりと関係があると考える人たちも多いようです。そうしたツールを通じて出会う人の中には単に共通の趣味やファン同士、あるいは昔の学校の仲間など様々です。不倫をしている女性たちの体験などを元に刺激されるケースも多いようで不倫が不倫を呼ぶ展開になっています。

弁護士もちろん女性の不倫が増えたとはいえ男性側の浮気や不倫も依然として多くあります。高額の慰謝料などがその代償として請求されるなどの話はついつい芸能界の話のように感じてしまいますが、一般の男女でもこうした不貞行為がバレたあかつきには慰謝料の請求などが発生するのが普通です。もし自分が不貞行為を働かれた被害者の立場になった場合も、慰謝料の請求に関してしっかりと調べる必要があるでしょう。もちろん精神的ショックが大きかったり、家族間の問題が勃発している時に慣れない慰謝料請求を自分で全部手続きするのは大変なことでしょう。それでこうした不倫問題においてもきちんと弁護士を立てて慰謝料の請求をするほうが賢明でしょう。最近は無料の相談を受け付けているところもあります。