慰謝料は誰に請求する?

浮気の慰謝料で何億円なんて話を海外のセレブやスターの話で聞くことがありますが、もちろん普通の一般人同士の不倫で慰謝料がそこまで高額になることはまずないでしょう。自分が不倫の被害にあった場合に、どのくらい慰謝料を請求することができるものなのか気になるところでしょう。

不倫まず慰謝料というものは「精神的な苦痛」に対して支払われる金銭です。結果的に離婚になるのであればそれだけ生活に与える影響やメンタルに与える影響も大きくなります。それで離婚になる場合は慰謝料の額も大きくなります。一方離婚はしないものの慰謝料は配偶者からもらいたいという場合は、離婚する場合と比べて半額くらいしか請求できないことが多いようです。

ちなみに不倫による離婚の際の慰謝料と財産分与は別々に考えなくてはならないものです。慰謝料をあげたんだから財産分与はしないなどのへりくつを言われてもそれを鵜呑みにしないように気をつけましょう。また不倫の慰謝料を請求する相手も、不倫した配偶者だけでなく、その不倫相手にも請求することができるパターンが多いです。なかには自分の配偶者には慰謝料請求しないものの、不倫相手だけに慰謝料を請求する人もいるようです。