慰謝料ってどのくらい?

不倫や浮気の慰謝料というのはよく耳にする話題ですが、この慰謝料がどのように算出されているか不思議に思うのではないでしょうか。実はこうした慰謝料には明確な金額の基準というものが定められていません。それで主に過去の裁判の判例などから判断されることになります。不倫で離婚になった場合の慰謝料としては200万円~300万円ほどですし、離婚にならないのであれば金額は一気に半額以下の50万円~100万円くらいになります。もちろんこうした数字もあくまで参考であり、実際にどのような結果になるかはケースバイケースと言えます。

慰謝料もちろん裁判までもつれることなく、示談で解決になるケースも多いので、必ずしもこうした相場が適用されるわけではありません。慰謝料の金額の増減に影響する要素としては、配偶者との年齢差や結婚期間がどのくらいだったか、不倫が発覚する前の夫婦仲の状態、また自分の側にも落ち度や責任と思える部分があるかなどが関係してきます。ほかにも色々な要素が絡み合って不倫の慰謝料が決められていきます。こうした話し合いを自分だけでしていくのはかなり大変で、感情的にもなりますし、精神的にも辛いものとなります。それで第三者である弁護士に間に入ってもらうほうが速やかに解決に向かうことが多いです。